オシフェンチム、アウシュヴィッツ博物館 - その3(2016年、ポーランド、スロバキア旅行記、その23)

6372.jpg

収容や事務、そして、人体実験が行われていた建物群、
このアウシュビッツ博物館では、
その名の通り展示に使用されています。

6373.jpg

この写真みたいに当時のそのままのものもあれば、
きれいにリフォームされているものもありました。

6374.jpg

3段ベッドが詰め込まれた居室、
ところ狭しと並んだ3段ベッドでも足りないほどの人たちが詰め込まれていたようです…。

6375.jpg

ベッドのある部屋からあふれた人々でしょうか?
粗末な寝具で床に寝ていますが、
冬のポーランドで床にこれだけの寝具だけではもちろん寒さをしのげるわけもなく、
凍死した方もいたはずです…。

6378.jpg

こちらは水場、
被収容者が書いたという壁の絵、
幸せそうな子供同志の水浴びの様子が描かれています。
彼らが決して見ることのできない穏やかな光景、
どんな思いで書かれたか、
幸せな世界に生きる私たちには想像すらつきません。

6379.jpg

トイレには仕切りも目隠しも何もなし。
被収容者たちは自由にトイレに行くこともできず、
許されたのは一日2回の決められた時間、
そして順番に一斉に排泄を行う、
人間の尊厳も何もなく家畜のような扱いに寒気を覚えます。

6377.jpg

縦じまの被収容者の服。
ユダヤ、政治犯、一般犯罪者、同性愛者などの目印がつけられ、
特に同性愛者は被収容者の中でも差別され、
過酷な状況に置かれたようです。

6376.jpg

ある収容施設の廊下には、
被収容者の方々の写真が並んでいます。

写真の下には収容の時期と死亡の時期が書かれていて、
数か月でなくなっている方などが多く、
過酷な状況の中で多くの人たちが短い収容期間で命を落とす、
いえ、奪われていた、という記録です。

このあたりから私は写真をとるのを止めました、
止めたというより、撮ることができなくなりました。

続いていたのは、
被収容者の荷物だったり、
靴、義足、そして髪の毛などの展示でした。

安息の地と騙されて連れてこられた人たち、
全財産と多くの荷物を持ってきていましたが、
当然取り上げられた彼らの荷物、
伝染病対策で長い髪を切られた女性たち、
そんな彼、彼女らの悲しい結果が展示されていました。

私は多くの暖かい心を持った人たちに囲まれていて、
とても幸せに暮らしています。

そんな私、そして被収容者たちと、ホロコーストを行った人たち
生まれた場所と時間が違うだけで、
こんなにも違う人生になってしまう、
現代の日本がぬるい環境なのは間違いないですが、
過酷すぎて彼らの気持ちを想像することもできません。

私たちは二度とこんなことを起こしてはいけない、
ありがちな言葉ですが、
こころからそう願わずにはいられません。
関連記事


↓更新の励みになるので、ランキングボタンなどポチっといただけると嬉しいです。

にほんブログ村 旅行ブログへ FC2 ランキングへ 人気ブログランキングへ

tag : ポーランド オシフェンチム アウシュビッツ博物館

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ぽっつ

Author:ぽっつ

旅行と飛行機とおいしい物が大好きです!
仕事でも遊びでも喜んでどこへでも飛んで行きます!

当ブログはリンクフリーです。
相互リンクはご連絡ください♪
よろしくお願いします。

全記事表示リンク

全ての記事を表示する

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
スポンサードリンク


【日々是旅行】サイト内検索
驚速!!お試しください!!
Loading
カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
旅行計画にお世話になっているサイトです
ANAの旅行総合サイト【ANA SKY WEB TOUR】
マイルも貯まるツアーがたくさん、ツアー派の方はこちらが便利です。

人気14都市のホテルが最大60%OFF★エクスペディアの直前割引
ホテル選びに大活躍、全世界に広いネットワークでいつもお世話になってます。

楽天トラベル株式会社
日本国内のホテルはいつもこちらで予約しています。キャンペーン価格も豊富でお値打ちホテルをゲットしています。

JAL 日本航空
JALのチケットはこちらから。オンラインで席も選べて素早く予約が完了です。

航空券の予約に大活躍!マイル検索機能も使えます♪

トルノス改めJTB、さすがの老舗の安心感!アフターケアも万全です。

アジア方面に絶大なネットワーク!アジア旅行の時にはかならずお世話になっています!

最新コメント
最新トラックバック
アクセスランキング
リンク
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる